中年男性

フィンペシアは副作用も確認!正しく使って効果を得よう

頭髪の悩みを一気に解決

髪を気にする男性

頭髪の悩みというものは、深刻な問題ですが、今の時代はかつらのように、外れるリスクのあるものや、育毛のように、時間のかかるものではなく、実践してすぐ効果が出る植毛というものがあります。それは特に東京のような大都市には、数多く存在しているのです。

View Detail

抜け毛は薬で治す時代

男の人

飲む脱毛治療薬を利用

主として中年期以降の男性に見られる薄毛・抜け毛の進行は、かつては加齢に伴う避けられない現象としてとらえられていました。しかし現在では男性型脱毛症(AGA)という名称で呼ばれ、医療機関における治療の対象になっています。医療機関における男性型脱毛症の治療は、薬物療法が中心となります。その際、必ずといっていいほど処方されるのがフィナステリドという薬です。フィナステリドは1997年にアメリカで承認された、世界で初めての「飲む脱毛治療薬」です。日本では2005年に承認され、正式な発売が開始されています。1日1回服用し、最低でも4〜6か月程度継続して使用することで効果が実感できるとされています。世界的に有名なフィンペシアですが、こうした薬には副作用がある事でも知られています。ただ、あまり激しい症状ではないので、恐れる必要はないとも考えられています。その中には男性機能の低下も挙げられるので、気にする人も少なくないのではないでしょうか。AGA外来などを受診すれば、医師が丁寧に説明してくれます。作用と副作用の両方に納得してから、服用するようにしましょう。もし、激しい副作用に悩まされるようなら、すぐに服用を止めて受診した専門外来に足を運ぶようにします。

割安な海外製品も出回る

フィナステリドは皮膚科や総合病院のAGA外来などで受診すると処方してもらえます。なお、フィナステリドを主成分とする製品は数種類ありますが、日本で承認されているのは国産品の1種類です。ただし医師に依頼すれば、外国産の割安な製品を処方してもらえることがあります。国内承認を受けていないフィナステリド製品のうち特に有名なのがフィンペシアです。フィンペシアはインドの製薬メーカーが製造・販売している薬で、個人並行輸入などで入手可能です。フィンペシアは国産品に比べると価格が5〜10分の1程度ですが、フィナステリドの含有量は変りません。したがって効果も同等のものが期待できます。フィンペシアを使用する場合は、副作用のリスク等を考慮して医師の指示を仰ぐようにします。主な副作用は胃部の不快感や性欲減退などです。副作用の発現率は6パーセント程度とされています。

男性だけじゃないお悩み

女性

ストレスを解消し、自律神経を整えることが女性の薄毛改善への第一歩です。自律神経の乱れはそれ以外にもPMSなどの女性特有の症状や不眠症やうつなど、多くの疾病の原因だと考えられています。薄毛の解消効果と共に健康な心身を手に入れることが出来るかもしれません。

View Detail

薄い髪どうにかしたい

男の人

やはり髪の毛は誰もが見るパーツの一つです。ですから自信を持った髪の毛でありたいものです。しっかりと治療すれば薄毛を克服できるものですのであきらめずに勇気を持って治療しましょう。薄毛で悩み毎日とはサヨナラしましょう。

View Detail